電気系統の老朽化の危険性
換気扇が動かなくなった原因を知る
自分で行う修理は命の危険がある
まずは電気工事業者に相談をしよう

劣化が原因で換気扇の不具合は起きるため修理よりも交換が良い

換気扇の劣化症状とは

換気扇

住宅内の環境を快適に保つためにも特に重要なのが換気です。換気扇に劣化が見られたら住宅内の喚起に影響するため、早急に修理する必要があります。ここでは換気扇の不具合について、よく見られる相談内容を紹介します。

換気扇の劣化症状


スイッチを押しても動作しなくなりました。
換気扇のスイッチを入れて動かなくなってしまった場合には、2つの原因があります。1つは、換気扇の寿命によるものです。約8年~10年経っていれば寿命の可能性が高いです。もう1つは、スイッチの不具合です。この場合には、スイッチを交換することで解消できます。
ファンの回転音がおかしくなりました。
換気扇を回した時にいつもと違う音がした場合には、モーターの劣化やファンにゴミがついている場合があります。劣化の場合には早めに交換しましょう。ゴミが原因の場合には、ゴミを取り除き、プロペラ部分に潤滑油をかけると解消されます。
ファンの回転が不規則です。
換気扇のファンの動きが不規則でぎこちなくなってきたら、モーターの寿命か詰まりで起きている不具合の可能性が高いです。動いているからと言ってそのままにせず、メンテナンスや電気工事業者に点検してもらいましょう。

換気扇は交換したほうがお得

換気扇がうまく動かなくなった場合には、空気の換気をすることが出来ずに環境が悪くなってしまいます。長い間使用していて、動かなくなったり、動きがおかしくなったりした場合には、寿命に関係することがほとんどです。そのため、修理よりも換気扇交換をするほうが良いでしょう。修理をした場合には、またいつ不具合や破損が起きるか分からないため、こまめなメンテナンスが必要になります。新しく交換した場合には、すぐに不具合を起こすことはありません。


TOPボタン