電気系統の老朽化の危険性
換気扇が動かなくなった原因を知る
自分で行う修理は命の危険がある
まずは電気工事業者に相談をしよう

外にむき出しのアンテナは悪天候に弱い。電気工事業者に任せる!

様々な要因で破損するテレビアンテナ

屋根の上のアンテナ

屋根に設置することが多いテレビアンテナは、様々な理由で破損してしまいます。屋根に設置しているため何が原因か分からないことがあります。ここでは、テレビアンテナの破損の原因としてよく見られるケースを紹介します。

テレビアンテナの破損事例

天候による原因
テレビのアンテナは屋根の上にあり、一番天候の影響を受けやすいです。そのため、台風や雪などの悪天候のときには、テレビが映らなくなってしまうこともあります。映っていても映像が歪んでいたり止まってしまったりすると見ることが出来ません。そのような不具合の場合には、テレビの説明書をみると、対処方法が載っています。受信強度やケーブルが抜けていないかなど説明書通りに対処をして直ることもあります。それでも直らない場合には業者に問い合わせてみましょう。
受信機能が原因による破損
地デジアンテナでは、伝送速度が遅いときや受信電力の不足により、「ブロックノイズ」や「スノーノイズ」「バーストノイズ」というものが発生してしまいます。対策方法は、伝送速の改善や受信電力の改善です。受信電力が低い場合には、アンテナ工事をしないといけない場合もあります。しかし、きちんとした電気工事業者にアンテナ工事の依頼をしないと、工事をしても見られない可能性があります。そのため、きちんと知識と経験のある業者を選んで依頼するようにしましょう。

アンテナ工事は事故に繋がりやすい?

アンテナの不調を感じても自分で対策してはいけません。そこで、自分で対策して大変な思いをした人の体験談を見てみましょう。

九死に一生を得た人の体験

もう少しで大惨事になるところでした。(50代/男性)

アンテナを直すくらいなら自分で出来そうだったから実践してみたけど、作業途中に屋根から何度も落ちそうになりました。何度も死にかけてアンテナを設置したのはいいが、うまく取り付けできなくてテレビをちゃんと見ることが出来なかった。結局業者に依頼することになった。こんなことになるならもっと早めに依頼しておけばよかったです。


TOPボタン